ホームページ構築に必須となったコンテンツ管理

Posted by admin on 4月 9, 2015 at 5:01 pm | Filled Under: | ホームページ構築に必須となったコンテンツ管理 はコメントを受け付けていません。

ホームページやブログといえば文字と画像があれば良いという時代からさまざまな携帯端末向けに適切にコンテンツを表示しなくてはならないと変わってきています。ホームページ自体はHTML言語で書かれているだけなのでエディタで一つづつタグを積み重ねて作れなくはありませんが、デザイン性が高くなり、表現の幅が広がったことでツールを使って作成することが必須になっています。デザインの表現の幅が広がった際に問題となったのがコンテンツ管理です。コンテンツは従来決められた端末向けにサイズやフォーマットを決め打ちで設定し、見れない方がいても仕方ないと諦めて作成されることが多かったようですが、現在ではコンテンツ管理システムであるCMSのを利用したホームページ構築が可能になったこともあり、インターネットに繋がるすべてのデバイスで見ることができるようにコンテンツ管理システムでホームページを構築することが一般的になってきています。コンテンツ管理システムは市販の製品も多く販売されていますが、オープンソース型の管理システムを利用することが一般的になってきています。オープンソース型の管理システムは市販の構築キットに比べて簡単に扱えることや、構築予定のホームページ用にカスタマイズしやすいことも利用の理由としてあげられるようです。CMSでは記事の投稿、編集、表示が可能となっていますが、動画や画像の各種フォーマットを視聴者に合わせて自動で変更する機能がとても使いやすいと言われています。インターネットの視聴環境としてはパソコンからスマートフォンに移行しつつありますが、スマートフォンが扱える画像や動画のフォーマットはパソコンと同レベルとはいえ、表示する画面サイズはかなりの種類があります。すべての種類に対応するのは手作業ではほぼ無理です。そこでCMSでは1つの画像や動画フォーマットから適切なサイズに自動でリサイズして視聴者に提供する機能があります。視聴者向けに適切にリサイズする機能は画像や動画だけではなく、WEBサイトそのものも視聴環境に合わせて変更されます。コンテンツの変更については元記事は買えずに、表現の種類を変えます。例えば文字ならフォントの大きさや種類、見た目の違いは記事を表示する枠数を変更することで対応する機能があります。ホームページはパソコンで見るものからスマートフォンで見るものに変わりつつあり、動的な変更は必須と言えます