コンテンツ管理システムを組み込むホームページのサーバ環境

Posted by admin on 4月 9, 2015 at 5:01 pm | Filled Under: | コンテンツ管理システムを組み込むホームページのサーバ環境 はコメントを受け付けていません。

コンテンツ管理はホームページやブログ構築では必須のシステムとなっています。これまでのホームページやブログはWEBサーバがあればそれだけで構築ができましたが、コンテンツ管理システムを採用する場合にはWEBサーバの他にデータベースサーバやCMSを動かすための言語ツールなどが重要になってきます。これまで多くのWEBサーバにはWindows系のサーバも利用されてきましたが、コンテンツ管理システムを導入する場合のサーバ構築にはWindows系のOSが利用されないことも多かったようです。現在ではコンテンツ管理システムがWindows系のOSにも対応してきたこともあり、OSはほぼ固定しなくても良くなりつつあります。サーバ環境としてはLinuxやWindows系のどちらに固執しなくてもよくなりつつあります。サーバ環境として大事なのは安定動作です。安定動作についてはLinuxを利用したサーバ環境がWindows系よりも優れていると考えられていますが、Windows系でもIISのバージョンが上がり、改善が続けられてきたこともあって現在では最初からWindows系のサーバを選択してもホームページのサーバとしては十分な能力があると言われています。ただし、コンテンツ管理システムについてはPHPやPythonなどが利用されることが前提となっていることも多く、Windows系のOSではのうりょくが発揮されない、もしくは発揮しづらいということがつい最近まで続いていたこともあり、コンテンツ管理システムを組み込むWEBサーバの場合はLinux系のOSを利用することが一般的です。大規模なホームページの場合はWEBサーバと各種ソフトウエア、データベースが別れてサーバ環境を構築することも多くなっています。このような場合はサーバ用のOSを統一することが基本と言われていますが、場合によってはデータベースとしてマイクロソフト社のSQLServerを採用する場合などはWindows系のOSを利用するなど、サーバ用のOSがばらばらになることも珍しくなくなりつつあります。Windows系のOSの場合は特別なコマンドを利用しなくてもサーバ構築できることでLinux系の管理者よりも探しやすいということもあり採用が増えています。ただし、一般的にはLinux系のOSの方がサーバコストが掛からないことがおおいこともあり採用事例は多いようです