ホームページの更新にコンテンツ管理システムを使う

Posted by admin on 4月 9, 2015 at 5:01 pm | Filled Under: | ホームページの更新にコンテンツ管理システムを使う はコメントを受け付けていません。

ホームページは規模によって更新スタイルが違ってきます。小規模なものではエディタなどで直接HTMLを修正する方もいますし、多いのはHTML編集ツールを利用して更新することです。しかし、大規模なホームページになっていくと扱うファイル数や画像、動画が多いことから複数人による更新が必要になってきます。その際、ホームページ修正ツールでの更新では修正する担当を決めて修正を行ったり、または、個別のパソコンにすべて修正ツールを入れて対応するなど非効率的なことも行われています。そこで採用が増えているのがコンテンツ管理システムです。コンテンツ管理システムはCMSとも呼ばれており、ホームページやブログについてのあらゆるコンテンツをすべて一元管理します。サイトごとにインストールすることが多いのも特徴の1つです。コンテンツ管理で重要なのは複数人による修正および追加を適切に行い、表示、もしくはソースコードそのもの書き換えにも対応することです。コンテンツは文字ベースのものであれば字数、フォントサイズ、フォントの種類が重要になりますし、画像や動画であればフォーマットとサイズが重要になります。それぞれを個人が管理するには膨大な情報となりますので、一般的にはコンテンツ管理システムで行うことになります。CMSの利用については複数人によるサイト運営の他にサイト構築においても能力を発揮します。複数人によるコンテンツ追加や修正の場合、コンテンツのチェックを行う担当を用意するのが一般的です。コンテンツのチェック担当はコンテンツが追加や修正された場合にデモページにて画像や動画の実際の動作にてチェックする機能がCMSには備わっており、確認後に本番環境で表示することができます。また、文字についても編集者を決めておくことで編集後に表示することや、タイマー表示、時限表示などが可能となっています。動画や写真についてはベースとなる1つの動画や画像をアップロードしておけば自動でいくつかのフォーマット、サイズに編集してくれる他、場合によってはリアルタイムにフォーマットを変更して視聴者の視聴環境に合わせる機能を持つCMSも増えています。CMSによるコンテンツ管理はすべての環境に人間が合わせる時代から、CMSが視聴者の視聴環境を適切に判断して、適切にコンテンツ自体の表示方法を切り替えながら視聴者に提供する一歩進んだコンテンツ管理システムとなっています