ホームページのレイアウト変更ならコンテンツ管理システムが得意です

Posted by admin on 4月 9, 2015 at 5:01 pm | Filled Under: | ホームページのレイアウト変更ならコンテンツ管理システムが得意です はコメントを受け付けていません。

ホームページやブログはパソコン用、モバイル用と複数のデザイン、ファイルを用意することが一般的でした。しかし、ホームページの視聴端末に合わせてのレイアウト変更はコンテンツ管理システム、CMSが得意な分野です。そもそもホームページのレイアウト変更はCSSの変更が必要であり、これまでは自動化が難しいと言われてきました。しかし、コンテンツ管理システムではテンプレート機能を充実させたことでホームページのレイアウト変更を自動で行う仕組みを持っています。テンプレートによるレイアウト変更は基本となるHTMLとCSSを視聴環境に応じて自動で変更します。そのため、パソコン用に作ったコンテンツをスマートフォンなどのモバイル環境でも画面に合わせて適切なフォーマットで表示することが可能になっています。そのため、これまでのようにモバイルに合わせて複数のサイトを構築することもなく、1つの文字や画像、動画などのコンテンツからテンプレート機能を使って複数のサイトを表示することが可能です。コンテンツの表示についてはコンテンツ管理がきちんと行われる必要があります。そのための機能としてはコンテンツの適切な保存、視聴端末に合わせた適切なフォーマットおよびサイズ変更機能が必要です。コンテンツ管理システムでは文字や画像、動画などが投稿された段階でテンプレートに合わせて画像や動画のサイズを変更いします。動画についてはモバイル端末で見やすいようにフォーマと後と変更となります。変換のタイミングは投稿時に予め決めておいた端末用にフォーマット変更が行われることが多いのですが、変換したファイルに対応できていない端末からのアクセスの場合は都度フォーマット変更もしくは似ているフォーマットが送信されます。ホームページのデザイン変更はCSSとテンプレートで行えるのでCGI等を利用すればある程度まで自動化は可能です。しかし、ホームページのデザイン変更に合わせて各種コンテンツ自体の変更も行わないと試聴する端末ではデザインが崩れてしまったり、動画や画像が大きすぎる、または、フォーマットに対応出来ていないなどで見ることができない視聴者を生み出してしまうため、WEBサイトの大小にかかわらず、スマートフォンなどモバイル対応も踏まえたサイトにするためにはコンテンツ管理システムのテンプレート機能とCSS変更機能が重要であり、必須の機能と言えます。