ホームページに認証機能が必要ならコンテンツ管理が必要です

Posted by admin on 4月 9, 2015 at 5:01 pm | Filled Under: | ホームページに認証機能が必要ならコンテンツ管理が必要です はコメントを受け付けていません。

ホームページは個人向けから大企業向けの大規模な物まで多種多様なサイトが生まれています。どのサイトでも個性的な記事と画像、動画など見る側にとって有益な情報が多いのですが、最近増えているのが動画や画像などを認証を受けたユーザーにのみ公開したいという案件です。これまではユーザー認証が必要な場合には専用のシステムを設けて作成されることが多く、コストも時間もかかってしまうのが問題とされてきましたが、コンテンツ管理システム、CMSを導入することによってユーザー管理が飛躍的に楽になっており、サイト構築の時間短縮とコスト削減に貢献しています。ホームページでのコンテンツ管理システムの導入は主に画像や動画、記事などのコンテンツを適切に保管して必要なときに必要な視聴者に適切なフォーマットで提供することが目的な場合が多いです。そのため、各種コンテンツの適切なフォーマット変更機能はとても便利で有意義であると言われてきました。ホームページに認証機能を追加して許可されたユーザーだけにコンテンツを提供する仕組みについてもCMSの基本的なユーザー認証機能で対応が可能です。ユーザー管理は主にコンテンツ管理する際、アップロードする者、編集する者、公開する者などと分けることから始まっており、見るだけのユーザも設定できることが多くなっています。また、画像や動画をまとめて一覧にして表示する際にはサイト自体に会員制にしてログイン機能を持たせたいと考える場合も多いと思いますが、その場合は追加モジュールで対応が出来る場合が多いです。会員制のサイトについてはIDやパスワードの発行など基本的な機能が必要ですが、追加モジュールでは用意されています。モジュールについてはCMSの市販型の場合は優良であることが多いのに対し、オープンソース型は無料公開されていることが多いですが、サポートが基本的に期待できないオープンソース型に比べて市販型はマニュアルやサポート体制が十分に用意されていることが特徴です。オープンソース型を利用してもインターネット上にはホームページ上で情報を公開していることも多いため、それほど情報不足に困ることはないのですが、サポート体制に不安がある場合は市販型のCMSの利用をおすすめします。どちらのCMSでも能力的には全く困ることはなく、また、デザイン変更などは自由にできるようになっていることが多いので画面のガスタマイズにも困ることはほとんどありません