ホームページのコンテンツ管理で重要な編集機能

Posted by admin on 4月 9, 2015 at 5:01 pm | Filled Under: | ホームページのコンテンツ管理で重要な編集機能 はコメントを受け付けていません。

ホームページはメモ帳などのエディタで作成される小規模なサイトからコンテンツ管理システムを組み込んだ大規模なものまで多種多様なサイトが生まれています。コンテンツ管理システムの役目は主に記事、動画、画像の適切な表現方法を管理すること、コンテンツの保管をきちんとすることがありますが、ホームページの大規模化、また、個人サイトでもデザインやコンテンツによってはCMSを利用することが増えています。CMSは市販されているソフトウエアもありますが、多くがおーぷんそーす型のCMSが多く採用されています。オープンソース型のメリットはソースコードが公開されていることでサイトごとにカスタマイズがし易い、独自機能がつけやすいなどがありますが、多くのオープンソース型ソフトウエアが無料で利用できる点もメリットとして大きなものとなっています。CMSを利用したホームページの構築で重要視されるのが各種コンテンツの編集機能です。記事の場合は投稿者の他に編集者を用意することができ、通常のニュースのように編集者が修正したものを掲載するという分業作業がし易くなっている他、記事の公開のタイマー設定出会ったり、時限公開の設定などもできることからさまざまな記事の活用が可能となっています。また、コンテンツ管理で重要視されるのが動画や画像などのコンテンツです。動画や画像は見る側にとって最適なサイズやフォーマットが視聴端末によって全く異なります。そのため、CMSを利用する以前は複数の画像や動画を用意することも珍しくなかったのですが、現在では基本となる動画や画像をCMSをにアップロードするだけで視聴環境に合わせたさまざまなフォーマットに自動変換するCMSも増えてきています。コンテンツによっては変換の際に劣化が激しい場合もあり、そのような場合にはこれまで通りに動画や画像を複数用意することもありますが、その場合でも視聴環境に合わせて適切なファイルを表示する機能がCMSには搭載されてきています。動画や画像の表示が変更されるのに合わせてサイトの表示方法も随時変えることができ、その変更についてもテンプレート化されているのでカスタマイズも容易にできることも好評です。コンテンツ管理はCMSの主要機能ですが、コンテンツの保存機能からコンテンツを市長端末に合わせてより積極的に利用、変更していく機能が今後もさらに進化していくことが期待されています。